Fetch as Googleの代わりに「URL検査」でクロール申請を!

広告

旧バージョンのSearch Consoleで利用できていたFetch as Googleが利用できなくなりました。



こんな感じで新しいSearch Consoleに飛ばざるえない状況なので、仕方なく...新しいSearch Consoleへ!

ぱっと見、Fetch as Googleに代わりそうな機能がなくあたふたして、
調べたところ、代替えの機能(正確には同一の機能ではない)として「URL検査」を使用していく感じになりそう。
左メニューにあるこいつです。




「URL検査」使い方


使い方は本当に簡単。
まず、「URL検査」を押下 => 上部のフォームに対象のURLを入力する


読み込みんでからの...



「インデックス登録をリクエスト」を押下


これでリクエストは完了!あとは待つだけ。

クロールされると


が、


に変わるはず!(クロールは即反映されることもあれば数日かかる場合も)

以上、
たったこれだけ!


Fetch as Googleとの違い


これ重要。
「URL検査」の再クロールリクエストは検証したURLだけが対象らしい。
Fetch as Googleにあった、「このURLと直接リンクをクロールする」は「URL検査」では存在しない。
※「このURLと直接リンクをクロールする」はリンク先まで含めて一括でクロールの依頼も出来た。

どうやらこれに対してはグーグルさんは多数のページを再クロールしてほしいときは、サイトマップを送信するようにといっている。
また、リンク先のページが素晴らしいものであれば、何もしなくてもグーグルは再クロールするとのことである。

※参照
グーグルのジョン・ミューラーさんのツイート

と、いうことでサイトマップの送信の仕方もメモしておこう。


サイトマップ送信


上述したように一括で多数のページをクロールリクエストする場合はサイトマップ送信を使用する。
「URL検査」と同じく、左メニューにあります。



あとはsitemapのURLを指定するだけ!(sitemapを作成しているか次第だけど)





とりあえずこれだけおさえておけば新しいSearch ConsoleのFetch as Googleに代わるところは問題ないかと!
あーほんとこういうのめんどくさい笑(^^;
広告