PhpStorm デバッグ やり方

広告

前置き


大規模な開発や、オブジェクトを扱うような開発だといくらPHPでもエディタで限界を感じる時がある。
そんなワケで最近PhpStormを使用することになりました。
今回はローカル環境でPHPをデバッグモードで開発するまでの手法を残しておこうと思います。
※PHPがローカル環境で開発できて、PhpStormがインストールされてる状態を想定。

デバッグまでやることはざっくり以下3ステップ。
①Xdebugダウンロード
②phpiniの設定
③PhpStormの設定
それではやっていきます。

の、前に。そもそもXdebugが利用できるかチェックしましょう。

Xdebugを利用できるかチェック


まずphpinfoをブラウザに表示しましょう。
ここでDebug Buildが「no」になっている非デバッグ版のPHPであればXdebugを利用できます。



Xdebugを利用できることを確認できたら、phpinfoはそのまま閉じずにキープしておきましょう。次項で使用します。

Xdebugダウンロード


早速ダウンロード!といきたいところですが、PHPのverによってXdebugのverも変わってきます。
Xdebugの公式ダウンロードサイトをみてもいまいちどれをダウンロードすればいいの?って感じになるので以下手法を使います。

phpinfoのページのソースを表示してコピーしてください。
phpinfo開いてるブラウザ上で右クリック⇒「ページのソースを表示」⇒開いたソースを全コピーする

Xdebugのチェックページを開いてフォームスペースに張りつけます。
「Analse my phpinfo() output」ボタンをクリックしましょう。



③そうすると以下のようなページが表示され、適切なverのダウンロードリンクが出てきます。



④リンクをクリックするとdllファイルがダウンロードできるのでphpのエクステンションフォルダに置いてあげましょう。
> PHPインストールフォルダ\ext

phpiniの設定



phpiniの末尾に以下記述を追加しましょう。
<?php
[XDebug]
zend_extension = "C:\Applications\php-7.2.8\ext\php_xdebug-2.6.1-7.2-vc15-x86_64.dll"
xdebug.remote_autostart = 1
xdebug.profiler_append = 0
xdebug.profiler_enable = 0
xdebug.profiler_enable_trigger = 0
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_log="C:\Applications\php-7.2.8\log\xdebug.log"
xdebug.remote_cookie_expire_time = 36000
?>

定例ですが、詳細な設定は省いてます。
以下項目を自身の環境に置き換えて書き換えてください。
「zend_extension」にxdebugのdllファイルのpath ※前項目④でphp extフォルダに置いたdllファイルを指定します。
「xdebug.remote_log」にログを吐き出すファイルのpath ※新規で作成して指定しました。

phpiniを編集したのでapacheを再起動して設定を反映させましょう。

PhpStormの設定



PhpStormを開くとまっさらな状態の場合、以下のようになってると思います。
「Add Configuration」を押下して実行形式を作成します。




実行形式を新規追加します。左上のプラスボタンを押下してください。




A)「PHP Web Page」を選択してください。
B) Serverはホストを指定します。自分の場合、ローカルでの開発のためlocalhostになります。
C) 実行時のURLを指定します。とりあえずドキュメントルートに指定します。



最後にOKで設定を適用しましょう。



設定後の状態





ここまでくればデバッグモードで実行することができます。
一旦、実行できるまでの説明は以上。


広告

Profile