Centos7 Composerインストール

広告

諸々PHPのフレームワークを使い比べようと思いComposerをインストールしました。

ComposerはPHPのパッケージ管理ツールです。(依存性管理ツール)
フレームワークやライブラリを導入時に必要なパッケージを指定されたバージョンでインストールしてくれ、依存関係にあるパッケージも合わせてインストールしてくれる優れモノ。

依存関係の類のエラーはめんどくさいですよね(;^ω^)
その措置として最初からComposerを通してインストールしちゃいましょー

と、いうわけでComposerを導入する際のメモ。


前置き


1) PHPの動作環境がが必須です。
以下、自分の環境です。
# php --v
PHP 7.2.7 (cli) (built: Jun 20 2018 08:21:26) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

2) Composerは、rootで実行するべきではないそうです。
ただインストール時のユーザまでの指定はないかと。
今回自分はrootでインストールしました。インストール後に実行ディレクトリに移すため。("/usr/local/bin/"に移動)
あくまで実行時にroot以外で実行すれば問題ないでしょう。

インストール


下記コマンドでセットアップ用のPHPファイルをダウンロードされます。
実行したディレクトリに、composer-setup.phpがダウンロードされます。
# php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"

次にインストールしたセットアップファイルを実行します。
# php composer-setup.php

実行が完了するとcomposer-pharできているはずです。
$ ls -l
total 2108
-rw-rw-r-- 1 root root 263621 Jan 3 21:34 composer-setup.php
-rwxr-xr-x 1 root root 1892003 Jan 3 21:35 composer.phar

composer-setup.php はもう使用しないので削除しましょう。
# php -r "unlink('composer-setup.php');"

実行ディレクトリへ移動


root以外でも実行できるように + どこでもComposerを実行できるように実行ディレクトリへ移動。
# mv composer.phar /usr/local/bin/composer

確認


まずrootから抜けましょう。
# su - 任意のユーザ名

composerバージョンの確認コマンド実行
# composer
______
/ ____/___ ____ ___ ____ ____ ________ _____
/ / / __ / __ `__ / __ / __ / ___/ _ / ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__ ) __/ /
____/ ____/_/ /_/ /_/ .___/ ____/____/ ___/_/
/_/
Composer version 1.8.0 2018-12-03 10:31:16

Usage:
command [options] [arguments]

Options:
-h, --help Display this help message
-q, --quiet Do not output any message
-V, --version Display this application version
--ansi Force ANSI output
--no-ansi Disable ANSI output
-n, --no-interaction Do not ask any interactive question
--profile Display timing and memory usage information
--no-plugins Whether to disable plugins.
-d, --working-dir=WORKING-DIR If specified, use the given directory as working directory.
-v|vv|vvv, --verbose Increase the verbosity of messages: 1 for normal output, 2 for more verbose output and 3 for debug




上記のようにバージョンとコマンド一覧が出てくれば導入完了!

P.S
ちゃんと「Composer」の文字がコピペできてなくて残念(^^;)
広告


関連記事
Centos7 Composerを使用してLaravelを導入 + プロジェクトを生成~確認まで

Centos7 Composerを使用してLaravelを導入 + プロジェクトを生成~確認まで

PHP 2019-01-04

Profile