android studio おすすめ!快適に開発するまでの初期設定 | 背景色 | ログ出力・色付け | キーマップ

広告

今回はandroid studioをインストールして初めにやるライトな設定をメモします。
まずなによりカラーの設定。
プログラミングも趣味も見た目から入る派です。
ダークな色合いだと開発している感が出てかっこいいし、モチベーションも上がったりします。
見た目結構大事です。(人によるかも)

また、自分はEclipseから移行してきた組なのでキーマップもEclipseに設定します。
と、いうことで改めて。今回は以下の設定を変更していきます。

・画面カラーをダークにする
・ログを表示 + 色付けをする
・キーマップをEclipseにする


画面カラーをダークにする


デフォルトはこんな感じの白い画面です。


これをこんな感じのダークな画面に変更していきます!



ヘッダメニューの「File」⇒「Settings 」をクリック。設定画面が開きます。



左メニューの「Appearance & Behavior」⇒「Appearance」⇒「Theme」をDarculaに選択しましょう。
適用するために「Apply」 + 「OK」ボタンをクリック。 これだけで一気に雰囲気変わりますね!





ログを表示


androidでデバッグする際、とても役に立つツールの一つとしてadbのLogcatが挙げられます。
まずLogcatを表示できるようにしていきましょう。

画面下部に「Logcat」タブがあればタブをクリックするだけ。


「Logcat」タブがない場合、ヘッダメニューの「View」⇒「Tool Buttons 」にチェックが入っていることを確認してください。

ログについて


ログにはタグと優先度が関連付けれらています。
android studioでは以下キャプチャの赤枠箇所でタグを選択することにより出力するログを絞ることができます。


ログの種類と優先度は以下になります。

↑低
・Verbose - すべてのログ メッセージを表示(デフォルト)。
・Debug - 開発時のデバッグ用。
・Info - アプリケーションの動作情報を出力。
・Warn - エラーとは言えない潜在的な問題を出力。
・Error - エラーを引き起こした問題を出力。
・Assert - 開発者にとって絶対に発生してはいけない問題を出力。
↓高

例として、Infoを選択するとVerboseとDebugは出力されなくなります。

ログに色付け


表示されたログに対して色付けをしてさらに見やすく、カッコよくしていきます。
デフォですが、白でシンプルな感じ。


これはこれで悪くないですが(^^;)
ただ、ぱっと見、どのレベルのログなのか分かったほうがいいですし、ほんの少しだけ物足りない感じ・・・
ちなみに色付けするとこんな感じになります。


うーん、正直好みによりますね。(色の組み合わせのセンスで大きく変わりそう)

設定方法として、
ヘッダメニューの「File」⇒「Settings 」をクリック。設定画面が開きます。
左メニューの「Editor」⇒「Color Scheme」⇒「Android Logcat」を選択。



カラーピッカーが表示されます。
変更したいログのタグを選択=>「Inherit Values from」のチェックを外して、カラーコード(赤枠箇所)を選択しましょう。


ここで色を指定。
自分は以下で設定しました。

・Verbose:#BBBBBB
・Debug:#00E5FF
・Info:#BBBBBB
・Warn:#BBBBBB
・Error:#FFD54F
・Assert:#E040FB

ここら辺のカラーコードはGoogle Material Designパレットからピックアップしました。

※最後に「Apply」=>「OK」で適用も忘れずに!


キーマップをEclipseにする


ヘッダメニューの「File」⇒「Settings 」をクリック。設定画面が開きます。
keymapで「Eclipse」を選択。


新しい開発環境ってアウェイな感じですが、手慣れているキー配置になるだけで不思議な安心感。( ̄▽ ̄)
広告


おススメコンテンツ


この記事を読んだ人におススメな記事
android studio  エミュレータが立ち上がらない

android studio エミュレータが立ち上がらない

Android 2018-11-20

Profile