GIMP 2.10でインターフェースだけ2.8に戻す

広告

最近PCを新調したので必要なツールを更新していました。
GIMPもその一つ。
早速、インストールしたてのGIMPを開くと、あれ?なんかおかしい。
見慣れた(といってもそんなに使用していないが・・・)インターフェースとかけはなれた、なんとも醜い(見にくい)GIMPがそこにはありました。



最初見たときはバグ?不完全にインストールされてしまった?なんか初期設定したっけ?と思ったくらい。

調べるといろいろ2.10でデフォデザインが変更されてしまっているよう。
余計なことすんなよ!と怒りの感情がこみあげてくる反面、文句を言える立場でもないので、冷静になって粛々と元のインターフェースに戻す方法を探るのでした。

設定方法


土台のカラー


ヘッダメニューの編集⇒設定
以下のような画面が出てくるのでユーザインターフェースのテーマを選択し、テーマはLightを選択。



アイコンのカラー


Icon Theme⇒Legacyを選択。
※お好みでCustom icon sizeでアイコンの大きさを変更。SmallからMediumに変更しました。


最後にOKを選択して適応を忘れずに。

確認!


やっとそれらしく戻った!



新しいインターフェースを機能、UIを布教したい気持ちもわからなくもないが、余計なことすんな!と思うユーザも少なかれ、多かれいたのではないでしょうか。
広告

Profile