windows10でPHPを動かす Xamppなし 設定編

広告

前置き


前章のインストール編でPHPとApacheのインストールをしてください。

Apache設定ファイルの編集


> apacheフォルダ/conf/httpd.conf
変更箇所は左、元データは右です。

39行目 apacheパスの指定
59行目~ ローカルIP + portの指定
ホストの設定




185行目~ PHPモジュールの指定
229行目 ホスト + portの指定




253行目 ドキュメントルートの指定
274行目 AllowOverride は、.htaccess による設定の上書きを許可するかを指定。ここではALLですべて許可とする。
287行目 indexファイルにphpファイルを追加。URLパスでindexにアクセスするときに省略してアクセスできるようになります。




367 386行目 apache cgiパスの指定




Apache 起動


実行ファイルが以下にあります。ダブルクリックして起動しましょう。
> apacheフォルダ/bin/httpd.exe

もし起動しなかったら。。。。
confファイルに誤りがあるかもしれません。以下で構文チェックをしましょう。
①管理者権限でコマンドプロンプトを開く
②実行ファイルがあるPATHに移動
cd apacheフォルダ/bin/
③構文チェック
httpd -t




Apache モニターの起動


これを起動しておけばコマンドを打たずにGUI操作ができて便利です
自分はデスクトップにショートカットを作成しました。
「start」を押下でapacheが起動できます。




PHP設定ファイルの編集


※ここでは最低限の設定のみです。
> phpフォルダphp.ini
変更箇所は左、元データは右です。

733行目 拡張モジュールファイルの置き場所を指定します。




897行目 日本語を使用するため
899行目 後ほどmysqlは最低限導入する想定で。。。




935行目 タイムゾーンの設定




PHP動作確認用ファイルの設置



「Apache設定ファイルの編集 ③画像」で設定したドキュメントルート フォルダ配下に、「hoge.php」というファイルを新規作成して以下、記述をして置きましょう。
<?php
// これはPHPの設定情報をブラウザに表示するための記述方法です
phpinfo();
?>


PHP動作確認


あとはPHPが起動していること確認するだけ。
ちゃんとapacheが起動していることを確認して、以下URLをブラウザでアクセスしてみましょう。
http://localhost/hoge.php
以下のように表示されれば完了!



広告


関連記事
windows10でPHPを動かす Xamppなし インストール編

windows10でPHPを動かす Xamppなし インストール編

PHP 2018-07-21
windows10 + apache バーチャルホストの設定

windows10 + apache バーチャルホストの設定

環境構築 2018-08-15


この記事を読んだ人におススメな記事
windows10でPHPを動かす Xamppなし インストール編

windows10でPHPを動かす Xamppなし インストール編

PHP 2018-07-21
windows10 + apache バーチャルホストの設定

windows10 + apache バーチャルホストの設定

環境構築 2018-08-15
windows10 MYSQL

windows10 MYSQL

PHP 2018-09-27
windows10 phpMyAdmin

windows10 phpMyAdmin

PHP 2018-09-30

Profile