Centos7 最新Gitインストール

広告

前置き


yumでインストールした(パッケージマネージャー)の Git は古いことが多い
特に yum でインストールした Git は古いとのこと。
# git --version
git version 1.8.3.1
2.x系でない時点でもう古い。
1.8.xはバージョンには虚弱性があるらしい。
またyumでインストールできるgitのverはここまでらしい。
ということで最新のgitをインストールしていきます。


準備


既存のgitのアンインストール


# sudo yum -y remove git

ライブラリのインストール


# sudo yum -y install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel perl-ExtUtils-MakeMaker autoconf

競合するパッケージを削除


ライブラリインストール時に1.8のgitを含んでしまうことがあるので以下コマンドで取り除いておきます。
# sudo yum erase -y perl-Git


最新verを確認


ここからgitの最新verを確認することができます。
https://mirrors.edge.kernel.org/pub/software/scm/git/
最新を確認して、インストール用のURLを組み立てましょう。
↓こんな感じ。
sudo wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-インストールしたいバージョン.tar.gz


最新verのGitを取得


インストールするdirに移動。
# cd /usr/local/src

インストール実行 ※現時点では2.9.5が最新でした。
# sudo wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.9.5.tar.gz

解凍


# sudo tar vfx git-2.9.5.tar.gz


インストール


コンパイル


インストールするためにコンパイルをします。
コンパイル実行するdirに移動。
# cd git-2.9.5

コンパイル実行
# sudo make configure
# sudo ./configure --prefix=/usr/local
# sudo make all

インストール


# sudo make install


仕上げ


Gitコマンドを使うためシンボリックリンクを作成


# ln -s /usr/local/bin/git /bin/git

確認


# git --version
git version 2.9.5


参考


https://qiita.com/wslife/items/7572cdba2d60a00a3ffc
https://qiita.com/kalmia/items/9e6a3f12b0f5f79dd14b
広告


おススメコンテンツ


この記事を読んだ人におススメな記事
SourceTree + Gitでプロジェクト管理

SourceTree + Gitでプロジェクト管理

Git 2018-09-25
Git post-receive プルされない

Git post-receive プルされない

Git 2018-09-30
Git  .gitignoreでファイルの更新を監視しないようにする

Git  .gitignoreでファイルの更新を監視しないようにする

Git 2018-09-30

Profile